Top >  秘書検定試験の概要

秘書検定試験の概要

秘書検定の筆記試験では次の範囲について出題され、60%の正解で合格になります。

  • 秘書の資質:秘書としての心構え、人柄。上司の仕事を理解して臨機応変に適切な対応ができるかなど
  • 職務知識:秘書業務の進め方、上司の仕事を理解し、秘書が行うべき仕事の範囲などについて
  • 一般知識:社会常識、人事、経理、経営などの基礎知識
  • マナー、接遇:接遇に必要なマナー、エチケット、言葉づかい。特に仕事に直接関係する電話、来客応対などについて
  • 技能:文書作成、文書管理、スケジュール管理、ファイリングなどについて。

秘書検定1級、準1級では面接試験も大きな評価のポイントとなります。

秘書検定の面接での評価ポイントは体勢や動作、話し方や言葉使いなど。

それら秘書検定の面接試験についてチェックしておきたいところは、こちらのAllAboutのサイトが参考になります。

http://allabout.co.jp/career/clerk/closeup/ CU20010422B/index.htm

秘書検定準一級、一級になると、独学ではなく、通信教育や教育機関などを利用して、適切なアドバイスを受けながら学んでいく方が効率的になってきます。

公式サイトでは、早稲田ワーキングスクール

http://www.working-school.jp/

が紹介されています。

その他の通信講座などには学校法人産業能率大学

http://www.hj.sanno.ac.jp/cgi-bin/WebObjects/ 108411de0d5.woa/wa/read/108dc24170a/

や、ヒューマンアカデミー

http://www.tanomana.com/hdl/courseguide/

などがあります。

秘書検定の試験の概要、試験実施日、会場などは公式サイトをご参照ください。

http://www.kentei.or.jp/hisho.kentei/main.html

秘書検定

秘書検定について説明しています。


スポンサードリンク